バレンタインデー

明日は(*´v`)σ*バレンタインデー♥(´v`*)ですね(*゚▽゚*)

バレンタインと言ったら『チョコ』ですが

最近はお友達や職場での交換や、大勢の方に配布する方もいらっしゃるみたいですね!

高級チョコや、手作りチョコなど様々ですが、皆様はいかがですか?

 

 

お菓子作りが得意な方はよーくご存知かと思いますが、

甘いチョコレート菓子には大量の砂糖やバター

とろける〜!!とつい言ってしまうようなものには生クリームが大量に使用されています。

だからと言ってせっかく頂いたのに食べない訳にはいかないですよね。

今回はチョコ等の甘いものの吸収を抑える食べ物をご紹介致します!

 

チョコレートとは

カカオの種子を発酵・焙煎したカカオマスを主原料とし、これに砂糖、ココアバター、粉乳などを混ぜて練り固めたもの。

主原料のカカオには、タンパク質、アミノ酸、脂質、糖分、炭水化物、食物繊維、テオブロミン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛や

その他ミネラル、ビタミンEなどたくさんの栄養素が豊富に含まれていますが、中でもダイエットに嬉しい成分と効果をご紹介致します。

 

①主原料であるカカオには、赤ワインより多いポリフェノール量が含まれていますので

血液をサラサラにして代謝を上げてくれる働きがあるので、ダイエットにも効果的☆彡

②心と体のストレスに対する抵抗力を強めるのでダイエット中のイライラ防止にも役立ち、

その他、動脈硬化の予防や抗酸化作用による体内のサビ防止効果でアンチエイジング効果☆彡

③食物繊維が豊富なのもチョコレートの特徴。板チョコ1枚には約2gの食物繊維が含まれているので、

便通を改善することで肥満防止に役立てることができます。また、カカオに含まれるタンニンにも便秘予防効果☆彡

④代謝に必要なビタミンEやナイアシンなどのビタミン類や、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、リンと

いったミネラル類が豊富なのも特徴で、まさにダイエットの時に不足しがちな栄養素が含まれています(・∀・)ナイス!

 

いい事尽しー\(^^)/と思って沢山食べちゃおー!

なんて考えてしまった方・・・油断は禁物です!

 

糖質は中毒性がありますので、止められなくなるのも特徴です。

疲れた時は甘いものを!と一度は耳にした事があるかと思いますが、

甘い物を摂取しすぎた結果、余計体が疲れてしまい、疲れてるから甘いものを!!

・・・の繰り返しで負のスパイラルにハマってしまうなんて事もあります。

 

そして、多くのものが砂糖と一緒に使われる油脂類が高カロリーで、バター100gは745kcal、

生クリームは100gあたり433kcal(一般的にお菓子づくりに使われるクリーム1パックは866kcal)あります。

これらと砂糖、小麦粉の組み合わせが全体のカロリーを押し上げているので、食べ過ぎると代謝しきれず、

エネルギーとしても使い切れなくなり、体脂肪として蓄積されてしまいます。

 

くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう!!

 

チョコレートには紅茶がオススメ♫

あまーいチョコにはブラックコーヒを!と言う方もいると思いますが

カフェインには、脂肪分解作用・脂肪燃焼促進作用があります。

紅茶に含まれる“紅茶カテキン”には、糖分分解酵素があり、

だからと言って、ミルクや砂糖を大量に入れてしまうと、台無しになりますのでご注意下さい(^_^;)

他には脂質の吸収を抑えてくれる烏龍茶や、プーアル茶も◎

 

また、チョコを食べる前に、ナッツ類を食べるのもオススメです!

よく、ナッツ入りのチョコは〜?と聞かれますが、

ナッツを先に食べないと効果が半減してしまいます。

ナッツの中でもアーモンドは

不溶性食物繊維が多く含まれていますので

水を含んで膨らみ、腸内をコーティングする事により

油分の吸収を抑え、血糖値の上昇を緩和、食べ過ぎ防止に☆彡
ビタミンB2が脂肪の代謝を促進☆彡
アーモンドのオレイン酸、リノール酸は、不飽和脂肪酸ですが、
不飽和脂肪酸は比較的太りにくいとされていて、リバウンドの防止にも☆彡

 

これで、バレンタインも楽しく、美味しく乗り切って下さいねヽ(*´∀`)ノ

以上バレンタインデー特集でした♥